障害者になって思った幾つかのこと

脳幹出血で倒れてから11年、障害者になって思った幾つかのことを忘れないうちに記録しておこうと思いブログを始めてみました。 一応社会復帰は果たせたので実際に社会に出て思った幾つかのこと、趣味のギターをしつこくも続けているのでそれにまつわる幾つかのこと、いろんな事を思いつくままに記録して行こうと思ってます。

そして三人が残った
勘違いして、突き進んだ結果2016年には新しい曲が出来てレコーディングも済ませてしまった。
勘違いしてみるモノではあるな。勘違いしてなければ出来てなかったと思う。
あれから1年以上経って改めて聴き直すと…結構情けない、とっても恥ずかしいぞ…メンバーに聴かせるためのデモ音源の域を出ていない。
しかし当時の自分の状態を正直に記録したものであるから大切にしていこうと思う。
いつか、バンドで演奏してみたいモノだ。

2007年...そして仕事復帰へ
さて話を当時に戻す。 
相変わらずの生活ではあったが少しずつ甘いモノを食べるようになっていた。
非常に健康的な食生活をしてはいた。夜は配食サービスを利用していたから何の問題もなかったし朝昼はきちんと自炊していた。昼はたまに外食もしたけれど…
で、週末はヘルパーがやって来て週末分の食事を作り置きしておいてくれた。
それだけなら言う事無いのだが、すぐ近所にコンビニがあったためどうしても間食の量が増えていった。誘惑には弱いのだ。
当然、体重も徐々に増えていったわけだが、社会復帰以降の大幅なリバウンドと比べると可愛いモノではあった。

身体障害者手帳が交付されるといろいろな助成が受けられる。医療費の助成、税金の減免、各種料金の割引・減免、生活用品の貸与、などが主なところである。
ずいぶん利用させて貰っている。大変お世話になっている。と、同時に申し訳ないと思う。
普段はそんなこと考えもしないのだけれど、こうやってブログとか書いてると突然客観的になって自分のことを "なんだコイツ社会のお荷物じゃん" なんて思ってしまう時がたまーにある。まぁ次の瞬間に開き直ってしまうのだけれども。まあいいか使えるもの使ってしまおう...ってね。
話が
それてしまった...
いろいろと
柄にもない事を考えているうちに職場復帰の時期が迫ってきた。
2007年2月15日。これが最終的に決定した復帰の日である。
仕事に関してはやってみないとわからなかったがその他のことについては多少の不自由はあるもののかなりの事が出来るようになっていた。この頃になると一人暮らしに対する不安・何かあった時の恐怖、といったものはだいぶ解消されていたように思う。

しかし職場復帰に関してはかなり不安だった。しかし「2月15日来れないようならその時点でもうウチと君とは関係なくなるから。」とか総務の方に言われてしまった(フツー言うか?)ので、もはや行くとか行かないだとか言ってられない状況にまで追い込まれていた...
で、「不安を振り払うため」と言う大義名分をつけて結構遊んだ記憶がある。

そうこうするウチにバレンタインデーがやって来た。私が倒れた日である。という事は明日は仕事復帰だ。すごく大切な日である。
今後の人生を左右するかもしれない大切な日の前日、わたしはあろう事か隣の県にいた。
何をしていたかというと遊び狂っていた。何をして遊んでいたかというとここで書けようはずもないそう言う事なのだ........ 

昨日はまいった。
MP3をブログに貼り付けようとするのだが何度やってもうまく行かない。
一応作業は終了するのだが、貼り付けたファイルを聴いてみると再生途中で突然終了してアタマから再生が始まる。何度やってもそうなのだ。
元のファイルが壊れているのかと思ってQuickTimeで再生すると最後まで普通に再生できる。
アップロードに失敗してるのかと思いセキュリティソフトをオフにしてやり直してもダメ。

結局Final Cut(動画編集ソフト)に取り込み、写真を付けて動画にした。
それをYouTubeにアップロードしてブログにリンクを貼った。初の動画投稿アップロードがあんなに時間を食うモノだとは思わなかった。
これでおいどんもYouTuberの仲間入りだ←何処まで単純なんだ?
それはさておき久しぶりにFinal Cutを使ったわけだけれども…音声写真貼るくらいのことなら結構簡単にできた。
少し本気で触ってみようかな?うちのハードディスクに眠ってる色んな映像を編集するのも楽しいかも知れない。
観て面白ければアップロードするもヨシ、メディアに焼くもヨシ。
面白そうだ、今度うちにある
パソコンのハードディスク、外付けのハードディスク、全部チェックしてみよう。大学時代のバンドのライヴとかもあったハズである。
大学時代は
DeadEndという名前のバンドに在籍していた。と言ってもあのビジュアル系の元祖みたいなDeadEndとは同盟異バンドである。我がDeadEndは決してビジュアルに期待してはいけないタイプのバンドであった。口の悪い後輩たちは「ルックスのいいDeadEnd」「ルックスの悪いDeadEnd」、とありがたくもなんともない呼び方で二つDeadEnd区別、いや差別していた。
2011年にスタジオ入りした時の動画とかが残ってると面白いのだが...
本当に作業を進めるかどうかは
全然未定だが、おいどんは極端な面倒くさがりである。自分の事だし自分次第ではあるのだが、実現すれば面白いね!他人事のように言っておく。

あ、ちなみに昨日アップした「
そして三人が残った」の動画で最初に出てくる写真は何を隠そう18年くらい前に宅録で創ったCDのジャケットである。見れば分かる通りタイトルはRe-Boundだ。
あんな
ふざけたタイトルにしたおかげでバチが当たったのか、それ以降ダイエットしてはリバウンドを繰り返しいつしか取り返しのつかない不健康な身体になってしまった...(涙)

 最初は倒れた時の事から現在に向かって書き進めて行くつもりだったのだが...美味しい出来事があるとつい書きたくなって突然現在の事を書いてしまう。そうこうしてるうちに なんだか訳が分からなくなってしまった。
 書いててそうなんだからさそ
読みづらかろうと思うが許してくだされ。
 
 とりあえず去年創って録音した
曲を晒してしまおうと思う。
 本当はもっと後で発表しようと思ったが
聴きたいというモノ好きがいたもんだから嬉しくなって...
 それにわたしは山ほど
疾患を抱えている。ずるずると先延ばしにしてたらブログが書けないカラダになっちゃった!とかありそうだし...えーい!晒してしまえ!という事で発表する事にした。
 最初に
言い訳をたっぷりと...男らしく無いのだなわたしは。

 タイトルの
「そして三人が残った...」というのは仮のタイトルだ。思いつかなかったからなんとなくつけた。何かのパクリだ(ジェネシスだったっけ)...わたしは言葉を選ぶセンスは無いのだ。

 DAWは現在は
Logic Pro Xを使っている。
IMG_3242 
ProToolsはすごく気に入ってた(波形の切り貼りが特に楽だった)んだけど、アップグレードがすごく高くついたり、途中でプラグイン形式が変わり今まで使っていた他社製プラグイン全て使えなくなったりで付いて行くのが辛くなった、要は心が折れたのだ。
 わたしの
心はものすごく折れやすい。加えて言うならわたしの血管はものすごく切れやすいどうでもいいか?

 今回の曲は完全に主旋律から出来上がった。珍しい事である。
 最初にメロディーをlogicに打ち込んでから仮のベースを打ち込んだ。メロディーベースが決まればだいたいコードも決まるから続いて仮のキーボードを打ち込んだ。
 ドラムはlogicに自動生成してもらった(便利な世の中である)。
ギターソロのちょっと後に出てくるドラムロール、それとストリングスオルガンが被さってきて盛り上がるところの2泊3連だけは自分で打ち込みました。これぐらいは自分でやらんと...
 仮オケが出来たらギターのレコーディング。ギターの音はlogicに入っているアンプシミュレーターエフェクトボードのプラグインで実際のアンプは使って無い。てか団地だから使えない
 アンプシュミレーターについては賛否両論あるがわたしは便利だから使ってる。レコーディングはアンプシュミレーターしか使ってない。
 ただしどうしてもレイテンシーが発生するのでバンドではちょっとな厳しいかもしれない。音が奥に引っ込んでしまうのだ。
 最近のハイエンドシュミレーターはその辺はクリアしてるのだろうけどわたしが体験した事のあるシュミレーターは一様に音が引っ込んでしまっていた。ツインギターでもう一人がマーシャル直だったりすると絶望的だったな。

 で、ギターのレコーディングが終わったら(今のわたしはあんなモンしか弾けないから終わりにした)ベースキーボードを本気で打ち込もうと思ったが、力尽きてしまった。
 とっととミックスして終わりにしてしまった。DAWにしてからこういう事がよくあるのだ。「後からどうにでもなるから」と思って結局後からどうにもしないパターン...ベースキーボードはほぼ2部音符しか弾いてねーじゃねーか!
 そのうち人間に演奏してもらおう。どうせならピアノはずっと鳴ってて欲しいし。ドラムスはコンプかけすぎでややうるさいし。
 それにしても打ち込みの得意な相棒が欲しい...、どうせならバンドが欲しい...
 あれ?おまえはトータルミュージシャンになるんじゃなかったのか?

そして三人が残った...
 ↑
YouTubeに飛びます。
 

↑このページのトップヘ