一昨夜鼻血が出た。一時間くらいで止まった。
 昨日午後一時頃再び鼻血が出だした...なかなか止まらなかった。
 午後はほとんど仕事にならなかった。
 夕方ようやく止まったので、行きつけの診療所に行った。
 診察中にまたまた鼻血が出てきた、緊急処置をしてもらうと一旦は止まるのだがすぐに出てくる。
 もうどうにも止まらないのである。
 紹介状を書いてもらって近くの総合病院へ行くことになった。
 しかし、鼻血が出続けている以上車の運転はできない。
 
 なんと!鼻血ごときで救急車に乗ってしまった。

 搬送先病院で応急処置をしていただいて帰ろうと思ったら車を診療所においてきたことに気がついた...仕方ないからタクシーを呼んだ。
 医療費よりはるかに高い¥4450...泣きそうになった...。
 
 車を走らせ自宅に戻って食事をしているとまたもや鼻血が...
 もうどうにも止まらない。

 「また出血が止まらないようなら救急車呼んでくださいね。」と看護師(ぽっちゃりしていて可愛い)が言っていたのを思い出した。
 しかし鼻血ごときで救急車に1日2回乗るというのはカッコ悪いのにもほどがある。ならば自力で、とも思ったがそれもできない。何故なら運転したら飲酒運転になるから...こんな時に飲んでるんじゃねーわ!また怒られるぞ!
 というわけで出血が止まるのを待って眠りについた。当然ブログの更新もできなかった←言い訳である。

 そうこうしていると急患で運び込まれた総合病院から電話がかかってきた。
 「体温計を脇に挿したまま帰してしまったのだけれどもどこかにありませんか?」だとさ...
 忘れる看護師も看護師だが脇に挿したまま帰ってくる俺も俺だな...

 まぁ、なんか笑えたから良しとしよう。
 ただ...タクシー代はマジ痛かった。